養神館合気道明龍館は2015年4月に創立しました。
代表はジム・ダーズ(6段)。現在、指導者8名、9同好会、埼玉県と千葉県の14カ所で活動しています。
週6日間午前から夜までのクラスがあり、会員は3歳から80歳まで楽しく稽古をしています。
詳しくはHP( https://www.meiryukan.com)をご覧下さい。








別ウィンドウでも見れます
https://www.youtube.com/embed/P-XADxj9nCc






野田同好会って?

野田の地で、養神館合気道龍 野田同好会を発足したのが平成11年10月(1999年)。
現在は、養神館合気道明龍館 野田同好会として活動中です。


野田同好会の紹介コンテンツをご覧ください。







見学・体験随時可能です。
お気軽にご連絡ください。

体験費用: 500円/回

お問い合わせ:noda@meiryukan.com











2020年 明龍館 鏡開き

2020年 明龍館 鏡開き




警視庁が採用している、唯一の合気道!それが、養神館合気道です。

合気道

今がチャンス! 始めてみませんか?




呼吸が変わる。 姿勢が変わる。 心が変わる。 明日が変わる。

合気道

合気道とは・・・武道の中で唯一試合がありません。相手の気持ちを思いながら稽古をするのです。
気持ちが乱れると、すぐに技に出てきます。
相手との比較なんて必要ありません。

興味のある方は、見学だけでもどうぞ!お気軽にお越しください。



2022年10月22日土曜日

稽古日誌--2022/10/22 晴れ

今日は、みっちりと腰、背筋、体制の稽古をしました。

あらためて発見がありました。


【1コマ目】

■基本動作
 ・体の変更(一)
 ①動作中の踵の浮き
 ・臂力の養成(一)、(二)
 ①(一)の動きでは、大きく前進動作を腰から動き、後ろ足が畳の線までこれるように。
  また、戻りは前足を使って戻る。後ろの踵をつけて戻れるように。

■正面打ち一ケ条抑え(一)
 ①動作中の踵の浮き
 ②すべての動作での腰の入れ方、体制
 ③足の向きと腰の向き
 ④抑える前の体制(傾かないように)





■片手持ち肘当て呼吸なげ
 ①投げる動作、腰の向き、足、体、顔・・・う~んとても難しいけど常に意識しましょう!




【2コマ目】

■正面打ち側面入身投げ(一)
 切り下ろしした手は膝の前・・・臂は受けの顎へ。
 側面にはいる時が最大のポイントです。上に・・・


■座り技正面打ち側面入身投げ(一)
 受けの初動作も難しいけど、受けも無茶苦茶難しい。合わせるほど稽古しないと。

 ①仕手の初動作の足の位置→それの合わせる受けの動き
 ②さらに仕手の前進に合わせ、受けは膝を後ろにずらして、反る。
 ③投げる方向に手を向ける事。
  ※投げる方向は、正座法で座った前方45°の方向です。



■半身半立ち両手持ち四方投げ
 ①仕手は、手を持たれて前傾の後、腰から動くように。

 ②立ち上がりの動作は、後ろ足をピンと張るように一気に立ち上がる。



 

■自由技
 私は特に受けを重視で頑張りました。


0 件のコメント:

コメントを投稿