Early Summer Aikido-Taiken



初夏の合気道体験会を行います!

合気道を体験してみませんか?
少しでも興味を持たれた・・・あなた。

勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?
きっと新しい発見がありますよ。


合気道体験

合気道体験




日時・場所:

5/31(水) 春風館道場
16:30~17:30 小学生まで※未就学者もOK!です

6/3(土) 野田市総合公園体育館 柔道場
9:15~10:15 小学生以上

費用: 500円/回

詳しくは5/15号の市報掲載をご覧ください!
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

お問い合わせ:noda@meiryukan.com


【★★★ 火曜日クラスを開設!★★★】

2016年4月5日より野田第一中学校 武道場にて火曜日クラスをスタート‼︎。

新規入会会員も募集しております。

合気道を体験してみたい方、どうぞお気軽にお越しください。

少年部/一般部:19:40~20:40 


2017年の幕開け 元旦 初日の出

2017年の幕開け 元旦 初日の出
松本 猛さん撮影

2017年 元旦 富士山

2017年 元旦 富士山
松本 猛さん撮影

2016年 明龍館 BBQ

2016年 明龍館 BBQ

警視庁が採用している、唯一の合気道!それが、養神館合気道です。

合気道

今がチャンス! 始めてみませんか?




呼吸が変わる。 姿勢が変わる。 心が変わる。 明日が変わる。

合気道

合気道とは・・・武道の中で唯一試合がありません。相手の気持ちを思いながら稽古をするのです。
気持ちが乱れると、すぐに技に出てきます。
相手との比較なんて必要ありません。

興味のある方は、見学だけでもどうぞ!お気軽にお越しください。



2013年9月28日土曜日

稽古日誌--2013/9/28 晴れ

今日も天気は良かったです。

子供達も元気に全員で、おおきな声を出して稽古をしました。

はやり大きな声を出すと、元気がでます。



【少年部
■基本動作連続
■帯ごとに分かれ稽古
 
 茶帯:規定技、自由技
 青帯:正面打一ケ条抑え(二) ※先週のおさらい。
     基本動作連続

【一般部】
■演武稽古

2013年9月21日土曜日

稽古日誌--2013/9/21 晴れ

天気は上々!

気分も段々と高まり・・・合気道の季節にはぴったりです。


再来月には、演武大会、翌月には冬の総合審査。

やりのこす事のないようにしっかりと稽古をしましょう!


【少年部
■基本動作連続
■帯ごとに分かれ稽古
 
 茶帯:正面打ち一ケ条抑え(二)、自由技
 青帯:正面打一ケ条抑え(二)

【一般部】
■両手持ち二ケ条抑え(一)
 仕手:持たれた左手は下に下ろさない。受けの方に力が流れるように・・・突き上げるが手を突き上げるのではない。
■座り技両手持ち天地投げ(二)
 仕手:回転した後、受けの横に動く時は上に気持ちと体を上げ、さらに下に抑える(下→上→下)
■演武稽古

2013年9月14日土曜日

稽古日誌--2013/9/14 晴れ

今日はもの凄い良い天気に恵まれましたね!

少年部も全員揃ったのは、久しぶりです。

次の審査に向けてがんばりましょう・・・。



【少年部
■基本動作
■帯ごとに分かれ稽古
 
 茶帯:終末動作(一)、(二)、片手持ち側面入身投げ(二)、両手持ち天地投げ(二)、自由技
 青帯:正面打一ケ条抑え(一)

【一般部】
■横面打ち三ケ条抑え(二)
 仕手:横面を受ける時の横移動の時の腰の向き。並行移動をする。
     回転切りおろしの時の前足の軸(つま先)に注意!
■横面打ち側面入身投げ(二)
 仕手:180度以上回転する。投げる方向に注意。
     投げる時の前進はしっかりでる事と後ろ足の引きつけをしっかりと
■掛かり稽古
■横面打体位変更投げ
     横移動でしっかり受ける。回転はつま先を軸に回転する。
     ※膝を曲げて、回転動作にはいる。

2013年9月7日土曜日

稽古日誌--2013/9/7 晴れ

夏休みも終わり、食欲の秋、スポーツの秋!・・・そして合気道の秋です。

夏の疲れが出てくる頃ですが、気持ちを引き締め稽古をしましょう!



【少年部
■基本動作
■帯ごとに分かれ稽古

【一般部】
■前進動作
 足の出し方、腰の入れ方・・・分解して進む稽古
終末動作(一)
 後ろ足をつけたまま(足の向き、張りを緩めない)で初動作をする。浮かせない事!
 ②動作の膝の向きを注意する事!進む方向に向ける
■後ろ技両手持ち一ケ条抑え(一)
 仕手:引付け動作の膝の向き

■後ろ技両手持ち一ケ条抑え(二)
 仕手:斜め前に向かい回転するが、足の向きをしっかり返す事。
     回転角度が小さいと、足を返した時に十分な角度のなっていない事に注意する。
 受け:さばく時は、後ろ足から仕手の後ろに回り込む事!